朝、満員電車に揺られているとき
昼、時間があまりないのにいつまでも出てこないランチを待っているとき
午後、締め切りに追われているのにパソコンがフリーズしたとき
夕方、指示した仕事が順調に進まないとき

大なり小なり、みんなストレスを感じながら生活しているのではないでしょうか?
先日、南カリフォルニア在住のアレクサンダーテクニーク教師、逸子先生が主宰されたワークショップに参加させていただきました。

「自分のより良い使い方ワークショップ」 第一回:ストレスに強い自分になる!
http://itsukojmasuda.com/2016/11/02/2-tokyo-workshop/

前半はアレクサンダーテクニークの概要、後半は自分の中にあるストレスを見つめなおし、アレクサンダーテクニークの側面からストレスと向き合うというもの。
アレクサンダーテクニークの基本である、刺激に対して習慣的に反応するのか、それともちょっと待って洗濯したうえで反応するのか。

カリフォルニアのまばゆい太陽のような、いきいきとした逸子先生から、また新しい気づきをたくさんいただいた素敵な一日でした。