昨日は、午後のイラン先生のワークショップの後に、立川三貴先生による演劇ワークショップを受講してきました。

立川先生のワークショップは演技を学んでいる人もいましたが、私のような演技未経験者も数人参加。
最初は普通に歩くところから、徐々に「友達を見つけたとき」「器いっぱいのお水を一滴もこぼさずに」など状況を与えられたり、限定された言葉のみで多彩な感情を表現したり。
お互いの演技を見ているうちに、初心者の人たちも最初の戸惑いから自然と感情を表現するようになっていく過程がとても楽しかったです。

今回のテーマは「表現とアレクサンダーテクニーク」。
立川先生ご自身は演劇の先生でアレクサンダーテクニークの先生ではありませんが、ワークショップはアレクサンダーテクニークのアイデアと重なる事を実感しました。

とてもおおらかでカッコイイ立川先生のワークショップに参加できて幸せでした!

http://www.enkikaku.jp/men’sprofile/tachikawa-prof.html