今年もイラン・レイシェル先生による、夏のアレクサンダーテクニークワークショップが開催されます!!

イラン先生は王立演劇学校の元校長先生。
退任後もアレクサンダーテクニーク教師としてとても精力的に活動されていらっしゃいます。

私は昨年も参加したのですがイラン先生の持っていらっしゃる神秘な森の中にいるような穏やかな中にもドキドキする空気感の中で、少しずつ少しずつ、身体を動かしたり、声を出したり、目を使ってみたり、ゲームしたり。
最初は何を行っているのか、これから何が起きるのか?期待と不安が入り混じっていたのですが、後半プログラムに入ると一気に前半で行っていたアクティビティが融合し、気づけば勝手に身体が踊りだす…。
いいえ、けして踊っているつもりはないのです。

自分の動作をどんどんどんどんゆっくりに。ほとんど止まってしまうかと思うほどにゆっくりとした動き。

この止まるほどにゆっくりとした動きを連続していくと、参加者みんなの身体が自然とそよぐ風に揺らぐ木々のように、流れる風のように変わっていき、気づけば参加者全員で一つのアートのようなコンテンポラリーダンスのようなとても美しい空間が生まれたのでした!

今年もどんなワクワクに出会えるのか、楽しみです!

今からでもまだ出来ます!
ぜひお問い合わせください。

「表現とアレクサンダーテクニーク」
期間:7月30日(月)〜8月5日(日)
場所:かなっくホール 横浜市神奈川区東神奈川1-10-1
JR東神奈川駅 京急仲木戸駅 目の前 東急東横線 東白楽駅 10分
主催:アレクサンダーテクニークスタジオ東京 細井史江
共催:かなっくホール
対象:興味のある方すべて パフォーマーの方に限りません。
問い合わせ/連絡先:info@alexander-tokyo.com 細井史江
電話:03-3718-6813 (留守の時はメッセージをお残しください)
かなっくホールデスク:045-440-1219