★「表現とアレクサンダーテクニーク」今日から後半戦スタート!

元英国演劇学校(RADA) 校長先生のイラン・レイシェル氏によるワークショップの前半が終了しました。

前半のテーマは「感覚の窓を開きましょう」。
自分の身体、みんなの身体を感じて。視覚、触覚。部屋の空間や屋上での空間の感じ方。
そして「スローモーションとストップモーション」。身体の動きをどんどんゆっくりにしていき、止まる。何かのために止まるのではなく、ただただ止まってみる。。。

初日最終日はそうした感覚を最大限に使ってお互いの身体を楽しんでいたら、最後のペアの動きはまるでコンテンポラリーダンスのよう!ダンス経験者・未経験者関わらず全員がとても自然に身体全体を使って動くその姿は、人間の身体の美しさを最大限に引き出してくれました!後半戦も楽しみです。